本屋(書店)でバイトした体験談、時給、仕事内容などをお伝えします。

本屋のバイト

体験談

★の評価については、本屋のバイトをすることについての「おすすめ度」でお願いします。

  • (オススメできる)
  • (まぁまぁオススメできる)
  • (どちらとも言えない)
  • (あまりオススメできない)
  • (やめた方がいい)


口コミ投稿フォーム
1
2
3
4
5
送信
     

口コミ投稿フォームを表示する


本屋のバイト

平均評価:  
 16件の口コミ

by あや
知らない本についても聞かれる

発売と同時に好きな本や雑誌を買えたり、発売日のチェックをしたりできるのはとても良かったのですが、自分の守備範囲外の分野の本について聞かれることも多く、困ることもしばしばでした。

本が好きで、幅広い分野にアンテナを張っていられる人はとても楽しいと思います。

by さゆりんごまる
腰への負担がヤバイ

本が好きなので働いていて楽しかったのですが、とにかく体力勝負です。

毎朝出勤したら届いている本の確認、売り場へ新刊の出し、売り場で売れている本があれば補充、お客様から問い合わせがあれば軽く走って担当に聞きに行ったり、レジ打ちをしたり…。

とにかくずーっと立っていますし、本を出しているときは基本的に中腰だったので、腰への負担がすごかったです。
私は働いているときに何度か本気で腰が痛くなって「もう終わりかも…」と思ったことがあります(次の日復活できたので問題ありませんでしたが)。

ヘルニアの人も多く、コルセットを巻きながら仕事をしている人もいました。
そのため、店長から入社したてのときに「風呂上がりはストレッチを欠かさないようにしたほうがいいよ」と熱く語られたことがあります。

また、割と忙しく体力勝負のわりにはお給料は安いです。
最低賃金のところがほとんどだと思います。
土日も必死で働いてこの給料か…と思うこともありました。

この職業をおすすめしたいのはとにかく本が好きな人、情報収集が得意な人、そして自分が好きじゃない本も売れる人だと思います。

本が好きなことは言わずもがなですが、本屋に来店するお客様の中にはテレビや新聞で紹介された本を探しにくる人も多いので、情報収集はとても大切です。
(一応本部から紹介された本のリストが届いたりするのですが、それでも漏れがあったりするので)

また、自分が好きではない本を売れることはとても大切です。
読書が趣味の方は、好きな作家とそうでもない作家がいるかもしれませんが、売上を上げるためには好きではない作家も売らなくてはいけません。
それが売れ筋ならば、「この本どこがいいのかわからない…」と思っていても、店頭に積んでポップを書いて、お客様に内容を聞かれたら話せなくてはなりません。

たまに本が好きすぎて本屋に理想を持ちすぎているためか、それが我慢できなくて辞めてしまう人もいました。
雇われている側なので、好きな本を置くだけでは私たちの時給分の売上もなくなるかも、と思って仕事をできる人が向いています。

by 花子
洋書の問い合わせ対応が難しい

本屋さんでバイトは、本好きの方にオススメです。
毎日、本に囲まれて趣味が仕事と合体しているようなものです。

ただし、本が入荷すると棚に並べたり、レジもするのでとても忙しいです。
本好きでも、実際は本を読む時間は殆どなく、タイトルが頭の中に山積みされます。

私は喜久屋書店でバイトしたことがあるのですが、人間関係も良く、みんな自分の役割をこなして、本が棚に並びます。

とても好きなバイトでしたが、一つだけ苦手なことがありました。
それは洋書です。

私は英語が大の苦手なのですが、たまにお客様から洋書の問い合わせがあります。
お客様は日本人ですが、口で洋書のタイトルを英語で言われても、殆ど分かりません。

また、メモ書きしてくれる人もいてかなり助かりますが、やはりアルファベットが並ぶとパソコンで検索するのにも時間かかかりました。
その上、問屋に問い合わせる時はアルファベットを棒読みでした。

今になると、洋書のタイトルの上にカタカナで読みがなをふってくれればなあ、と勝手なことを思っています。

by りぼん
常に店長と2人

中村橋にある個人経営の本屋です。
個人経営のお店でしたので、店長の方は気さくで面接の時点でいい雰囲気だなと感じました。

勤務体制も常に店長と2人、他にも働いていた方はいますが、曜日固定、時間で振り分けられていたので、会ったことがなく、店長とのみ仲良くできれば問題なかったです。

なので、個人経営の本屋は大きなコミュニティで働いていくのがちょっと苦手な方には良いと思います。

一つ難点があったとするならば、曜日固定で働いていたので、その日は風邪でも引かないかぎり必ず出勤という事です。

by 雨の夜
いち早くチェックできる

金修堂という本屋さんのレジスタッフをしていました。

プレゼント用にラッピングしたり、新しい本やCDをいち早くチェックできるところが楽しかったです。

by あお
駅内にある本屋

名古屋市の駅にある本屋で働いていました。

電車の時間の都合で急いでいる方多く、レジに列ができはじめると怒られそうでドキドキしていました。
実際に長い列ができると嫌みを言われて嫌な思いをしました。

by のぞみ
業務量も多くなく

本屋のバイトは、漫画や本を指定の棚へ入れる、雑誌に付録を差し込む、レジ打ち等をします。

クリマスなどの季節行事や、誕生日に行う本のラッピング作業、客に本の場所を聞かれて探す作業は大変かもしれません。

本と接客が好きな人には向いていると思います。

私の働いた店はそこまで給料は高くはありませんでしたが、土日の混み時以外は業務量もそんなに多くはありませんでした。

by りんご
居酒屋バイトの正反対

本が好きだったので香川県の地元の宮脇書店でバイトをしていました。
雰囲気も本が好きな人が多かったせいか穏やかで良かったです。

ただ、新書の時は重い本を運ぶのが大変でしたが、時給も良くシフトも融通がきき、良かったです。

本が好きで静かな雰囲気が良い人にはおすすめです。
居酒屋とかのバイトの体育会系っぽいノリとは正反対ですね。

by 鬼頭あずさ
個人経営の本屋はやめた方がいい

名古屋市にある個人経営の本屋、泰文堂で働いていました。
この店は、今まで経験したバイトの中では一番「お客さんの品がいい店」です。

基本的に「日本語が理解できる人」「会話が成立する人」しか来ないので、めちゃくちゃなクレームをつけられることはありませんでした。

本を運ぶのは重くて大変ですが、それ以外の仕事は単純な作業も多く働きやすかったです。
本が好きなら、様々なジャンルの新刊に触れる本屋の仕事はオススメできます。

しかし、個人経営だからか、シフトを偉い人が好き勝手にいじれるので、シフトを入れてもらえないという嫌がらせもまかり通っていました。
だから、個人経営の本屋はやめた方がいいです。

本屋で働きたいなら、大型チェーンの書店の方がいいです。

by まりめっこ
未知ジャンルの本も好きになれる

天王寺の駅直結のビルの旭屋書店で働いていました。

本を読むのは好きでしたが、働くことにより、色んな本を知りさらに好きになりました!

それまでは、自分の好みに合う本しかチェックしてませんでしたが、仕事上、興味ないジャンルの本にも詳しくなるし、本好きの同僚からオススメを聞くこともできます。

勉強にもなりますし、視野が広がります。

なので、読書が好きで、今よりもっと未知の本にも手を出してみたいという人は働いてみて損はないと思います。

by さくらまま
意外と体力がいる

大学生の時《丸善 御茶ノ水店》でバイトをしました。
本屋の中では老舗で緊張しましたが、皆さん親切に色々教えてくれました。

人間関係はとても良かったのですが、本屋は体力勝負。
本の重さを初めて実感しました。

雑誌は毎日のように入荷するので、毎日が力仕事でした。

by めりー
アダルトな本に耐性がついた

世田谷区の某書店で働きました。

よかったことは本が社割で買える所です。
取り置きも可能で、よく買っていました。

つらいところはずっと紙を触るので、乾燥肌の私は手が荒れてしまいました。
アダルトな本を見ても耐性がつきました。

本が好きで、タイトルを一通り網羅できる人にオススメです。
タイトルを言わない人もいるので想像力も必要かと思います。

by あかり
夢のような時間

都内の蔦屋書店で働きました。
主に入荷してくる大量の本のチェックと品出し、管理をしていました。

もともと本が好きだったので選んだ職場だったので、どんどん新しい本が入ってくるので本当に夢のような時間でした。

が、立ち仕事が多く目が疲れてきて帰るころにはくたくたになりました。
一緒に働いている人も本が好きな人が多くて話があいましたし、おすすめの本を紹介しあったりと楽しかったです。

by コータ
他の業種に比べればラク

学生時代に紀伊國屋書店(大阪)で1年ほどアルバイトしていました。
割と重労働だったりしますが、それでも他の業種に比べればきつ過ぎるということはなかったです。

時給は普通でしょうか。
飲食物を扱っていないので店内だけじゃなくてバックヤードも綺麗です。

小説とか漫画とかとにかく本が好きな人は一度は働いてみるのもありなんじゃないかと思います。
めっちゃ楽しいです。

ただし、曜日や時間帯によって忙しさが激変するので、バイトシフトには注意が必要かも・・・。

by なつこ
クレームとかもなく平和

私は以前、埼玉県にある大型のゲオ内にある書店で書籍担当者として働いていました。
主な仕事は本の発注、仕入れ、加工、売り場作り、返本、レジなど。

基本的に自分の思う様に作業出来る為、創作が好きな人には向いていると思います。

書籍担当は一店舗につき数人しか居ない為、余程の事が無い限りは協力し合う良い人間関係が築けます。
また、ぎりぎり書店内は静かで取り扱い商材も限られている為、怒鳴る様なクレームやイレギュラー等も殆どありません。

強いて上げるとすればお客様が少なく、入荷も無い時には店舗によっては暇をもてあますかもしれません。
淡々と毎日同じ作業をする事が好きな人、本が好きな人には楽しいお仕事だと思います。

by カネさん
話題の本の最新情報が知れる

福岡市内の積文館で働いていたことがあります。
本が好きなので、色々な本の情報が早くに知れると思い、はじめました。

実際、どんな本が話題になっているのかなど情報が入ってきて、それは良かったです。

ただ、本の運搬などで意外と体力仕事が多いのと、本のアルバイトは意外と希望者が多いので、週に5日は入らないと雇ってもらえないなど、キツイ条件で働かないといけない面がありました。

時給、仕事内容などまとめ

★本屋バイトの基本情報
平均時給 1,080円
仕事内容 レジ、商品の品出し
陳列、発注
勤務時間帯 9:00~23:00時頃
仕事のラク度
オシャレ度